イントロイメージ

オオクワガタFARMは、クワガタ生体や飼育用品を販売している昆虫ショップです。オオクワガタ生体では極太、美形、大型なクワガタと3タイプを販売しております。クワガタ通販として主に営業しておりますが、事前の予約をいただければ、ご来店での販売にも対応させていただきます。また、当店の主力商品であります、エスポイル菌糸ビンは、ブナのオガコを贅沢に使用した育成能力にとても優れた菌糸ビンです。持ちも抜群ですのでお試しください。


菌糸ビン作成(ブロックの使い方・分量)


ギネスブリーダー(飼育者様)などは、菌糸ブロックを買って自分で詰め替えて使用している場合が多いです。なんといってもメリットは、「コスト削減」「詰め具合の調整」「添加剤の追加」などが上げられます。ここでは簡単にですが、当店のエスポイル(ブナ微粒子)菌糸ブロックを例に、詰め方(作り方)や、出来上がる菌糸ビンの目安(本数)などをご紹介いたします。


菌糸ビン作成にあたり準備するもの

  • 菌糸ブロック
  • 空ボトル
  • 小型スコップ
  • 包丁(パンきり用など)
  • ゴム手袋
  • プレス棒(スリコギ棒など)
  • ※必要に応じて各種添加剤

各々、洗浄し、綺麗にしてからご使用ください。雑菌が入るとアオカビなどの原因となります。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-1-


菌糸ビン作成 ブロックの使い方ブロックを袋から取り出して、ブロック上部の白い膜部分を取り除きます。上部に限らず、膜が厚い部分は、取り除くようにします。この部分は、幼虫のエサにはなりません。小型スコップ、パンきり包丁などで、丁寧に取り除いてください。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-2-


菌糸ビン ブロックの使い方ブロックを揉み解し、粉々のオガコにします。手で揉み解したり、スコップなどで解したりとご自由にされてかまいませんが、コツは、綺麗に揉み解すことです。よく攪拌も行ってください。添加剤を入れる場合は、このタイミングでいれるとよいでしょう。エスポイルの場合は、水分の補給は必要ございません。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-3-


菌糸ビン ブロックの使い方バラバラにしたオガコを空のボトルに詰めていきます。まず「サラ」っと入れます。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-4-


菌糸ビン ブロックの使い方プレス棒(スリコギ棒)などで押し固めます。固める強さですが、ボトルを手に持ち、プレス棒で押し固めます。たぶん、ボトルを手に持っているので、あまり、極端に強く押し固めることができないと思います。ボトルを持っている方の手が疲れます。その程度の固さでよいと思います。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-5-


菌糸ビン ブロックの使い方またオガコを「サラ」っと入れます。コツは、「一気に詰めないこと」です。サラっと入れてはプレスを3~5回くらい行い、完成させていくと綺麗に出来上がります。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-6-


菌糸ビン ブロックの使い方プレスします。あまり、カンカンに強く詰めすぎると酸欠になり、菌が上手く回りませんのでご注意ください。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-7-


菌糸ビン ブロック使い方ボトルの肩口は、特に慎重に詰めます。画像は素手で行っていますが、トラブル防止のため、手袋の着用をお勧めいたします。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-8-


菌糸ビン ブロックの使い方菌糸ビンは肩口から痩せていきますので、特に肩口は、強く押し詰めてください。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-9-


菌糸ビン ブロックの使い方空気の取り入れ用として穴を開けます。特に、固く詰めた場合は、穴は開けましょう。また、オガコが微粒子タイプの菌糸ビンは、穴を開けた方がいいと思います。逆に、荒めのオガコの場合は、穴あけは必要無い場合もあります。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-10-


菌糸ビン ブロックの使い方キャップにフィルターが付いているので、キャップを付ければ終わりなのですが、フィルターが無い場合などは、キャップの代わりにティッシュで蓋をします。輪ゴムなどでとめます。また、キャップをする場合、菌が培養を完了させるまで、緩めにしておくといいです。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-11-


菌糸ビン ブロックの使い方1つのブロックから1400ccボトルが2本に500ccボトルが1本出来上がり、90ccカップ2杯くらいのオガコが余りました。


菌糸ビン作成方法(ブロックの使い方)-12-


菌糸ビン ブロックの使い方1つのブロックから1100ccボトルが3本に440ccボトルが0.5本出来上がりました。1ブロックの分量の目安にしてください。


菌糸ビン作成完成後・ブロック詰め替え後


おおよそ25度くらいの温度帯で菌が白く培養するのを待ちます。透明の容器ですと用意に観察できますが、PPボトルなどはキャップを開けて上部の具合で判断すると良いと思います。目安はこちらでご確認ください。


ESPOIR ブロック販売 1個¥735円


エスポイル ブロック 735円

注文数