本文の開始

産卵セット方法

産卵セット方法

オオクワガタFARM

国産オオクワガタを例にした産卵セットを紹介します。

まず、やや芯のある硬めの産卵材を用意しましょう。これは、クヌギでもコナラでもどちらでも良いと思います。



オオクワガタFARM

当店で販売している産卵材(コナラ)には、産卵材に穴のあいたタイプの物が混じる場合があります。

これは椎茸業者様が吊るしで管理するためにあけられた穴となり、「雑虫対策」の証です。



オオクワガタFARM

今回のセットでは3本のコナラを使用します

水に浸すためのタッパを用意します。



オオクワガタFARM

タッパ(ケース)にロックがついていますと浮いてきた産卵木を押さえることができるので錘などが不要になります。

おおよそですが、冷水の場合3時間くらい。熱湯の場合1時間くらいを目安にします。



オオクワガタFARM

産卵木を浸している間、他の準備をしましょう。

まず、産卵セットのケースですが「中」サイズの物が良いと思います。

発酵マットをケース底より5センチ前後敷きます。

これは特に硬く敷き詰める必要はありません。「サラ」っという程度でOKです。



オオクワガタFARM

エサの準備も忘れてはいけませんね。

バナナでも代用は可能ですが、衛生面も含めまして高蛋白なゼリーを用意しましょう。

当店で販売しているプロエースゼリーは栄養満点なので産卵セット時には特にオススメです。



オオクワガタFARM

当店の一部の商品に採用している「チャック付の袋」は、使い切らなくても保存が簡単にできるので便利です

長期保存の場合、このまま冷蔵庫で管理すれば完璧ですね。



オオクワガタFARM

さて、画像は約1時間が経過した産卵木です。蓋を取ってみて産卵木の沈み具合で判断します。

または、手に持ってみて「ずっしり」と感じる具合でも判断して良いでしょう。



オオクワガタFARM

おおよそ12時間くらい日陰で乾燥します。



オオクワガタFARM

産卵木の樹皮はとってもとらなくても良いのですが、♀の負荷軽減と判断して鉈などで取ってやります。

くれぐれも、怪我には気をつけましょう。



オオクワガタFARM

画像のように産卵木をセットし、高蛋白ゼリーを配置したら終了です。

よく、この産卵木を半分くらい発酵マットで覆い隠す例が紹介されていますが、どちらでも良いです。

自然界では立ち枯れしている樹に産み付けますので、マット少ない=コスト削減 程度の認識で大丈夫です。

幼虫が産卵木から転がり落ちてきた場合のエサとしてマットは少しでも敷いておきましょう。



オオクワガタFARM

交尾していると思われる♀単体を放して、全て完了です。

今後、約3日に1回、エサのチェックをしてあげてください。

順調にいきますと、約1ヶ月半後には待望の幼虫とご対面できると思います。

管理する温度帯は28℃前後が良いと思います。



オオクワガタFARM

※余談

私の場合、湿度過多防止のため、画像のように穴開けした蓋を併用しております。



ショッピングメニュー

オオクワガタFARMのショッピングページのMENU一覧

成虫販売
オオクワガタ生体やワイルド生体などの販売ページ
幼虫販売
クワガタ幼虫の各ステージでの販売
エスポイルRED販売
大型専用の菌糸ビン レッドの販売ページ
エスポイル・ブルー
粗め粒子配合 高蛋白、トレハ、麦芽添加。
菌糸ビン販売
当店自慢の菌糸ビン「エスポイル」希望という名のオオヒラタケ菌床
G-pot直送販売
新鮮なG-pot菌糸ビンを直送にてお届けいたします
高蛋白ゼリー販売
成虫飼育時や産卵セット時のクワガタ生体の高蛋白なゼリーです
カブトムシ幼虫のエサ販売
国産、外産のカブトムシ幼虫や産卵床へ是非、お試しください

発酵マット販売
カブトムシの幼虫からクワガタの幼虫、産卵セット用など色々そろっております
産卵木販売
国産のオオクワガタにベストマッチなクヌギ、コナラの産卵木を販売しております
飼育ケース販売
コバエ対策された飼育にベストなプラケース「コバシャ」を販売しています
飼育補助品の販売
定期交換用品や便利アイテムなど飼育の補助的用品を販売しております
限定お買得商品
B品や在庫処分品など、まだまだ使えるものが超特価!
セット品の販売
お子様のプレゼントに最適!初めての方でも安心です

オオクワガタFARMの営業時間について
火曜日〜土曜日 午後1時〜午後6時まで
第2・第4日曜日 午後3時〜午後7時まで
定休日 毎週月曜日・第1、第3日曜日

このページのTOPへ

ページの終了