本文の開始

菌糸ビンの説明・使用方法

菌糸ビン注文時の注意事項

菌糸ビン

当店では約7割程度菌がまわったら冷蔵庫で保管します。到着時のイメージとして画像を確認してください。



菌糸ビン

十分に菌のまわった菌糸ビンと比較すると画像のようなイメージです。菌糸ビン内の温度もやや低温になっていることと思われます。



菌糸ビン

約23℃の環境で半日経過した菌糸ビンが画像の左側です。これでもまだ使用するのは止めた方が無難です。



菌糸ビン

約23℃の環境で1日半日経過した菌糸ビンです。ほとんど右の菌糸ビンと変わりなくなってきました。

おおよそ、このような状態になりましたらご使用いただけると思います。

したがって弊社から到着しました菌糸ビンは到着後、23℃前後の環境で約2日〜3日慣らしていただいてからのご使用を推奨しております。



菌糸ビンの説明

エスポイル菌糸ビン

ブナのオガ粉を贅沢に100%使用した菌糸ビン。

産卵木から割り出し後の初令幼虫を安全に投入できる2次発菌を採用。

水分量を遠赤外線水分計で計測して配合しているので水分量の調整は極めてシビアです。

容器サイズは440t、850t、1100t、1400t、ブロックと揃っています。

オオクワガタFARMでは、当面、440と1100をメインに販売していく体制ですが、販売時期やご要望などにより随時、850、1400、ブロックも充実させていきます。 新鮮な菌糸ビンを皆様へご提供するため、多くの在庫はせず、在庫管理も大型の冷蔵庫を使用し徹底して行っております。

440tは、産卵木から割り出し後の初令幼虫に適したサイズで、また、♀幼虫ならば十分に羽化までいけるサイズです。

1100tは、3令幼虫から♂幼虫(20g〜30gくらいを目安に)に適したサイズです。コストを気になさらないのであれば、 ♀幼虫への使用もオススメいたします。

当初、菌糸ビンを仕入れする際に、オオクワガタFARMがこだわったのは、1100tサイズのコスト削減です。経験あるかたもいらっしゃると思いますが、菌糸ビン交換時に♀幼虫用の800tサイズと♂幼虫用の1400サイズの菌糸ビンの振り分け、注文。 これは、非常に判別するのが手間で、予想で注文すると在庫をかかえたり、♀幼虫用の菌糸ビンが不足して♀幼虫に1400サイズを使用したり、再注文に迫られたりと 逆に、コストが膨れ上がるケースとなりかねません。実際に自分が経験して、そう感じました。

ならば、「どちらにも使用できるサイズ」の菌糸ビンを使用すれば、♂幼虫を850tに追いやったりせずに済みますね。 さらに、その「どちらにも使用できるサイズ」が低コストだとしたら、これ幸いです。

性能にもこだわりました。長く鮮度の良い状態で使用できるよう、余分な添加剤を排除し、硬く詰めれば茸の発生も最小限に抑えられ、劣化も遅い。 水分量も正確に測定し、贅沢なブナのオガ粉を使用しました。菌種はポピュラーでオオクワガタにマッチした「オオヒラタケ」を使用。

血統、飼育温度、飼育環境、愛情とエスポイル。条件が整えば、きっと夢のようなオオクワガタが誕生するはずです。皆様に愛され続ける希望を託して「エスポイル」と命名。エスポイルは希望という意味を示します。

どうぞ宜しくお願いいたします。

菌糸ビンの使用方法

オオクワガタFARM

菌糸ビン到着時に「茸」等が発生する場合が極稀にありますが、エスポイルは菌による分解を非常に研究して開発・製造しており、オオクワガタ飼育に適した分解能力としているため、「クレームの対象外」となりますので、予めご了承ください。

新鮮な菌糸ビンをご提供するため、菌の回りが7分目くらいで冷蔵庫で保管しております。

到着した菌糸ビンは菌の回りの安定のため、22℃〜25℃くらいの環境で約2日〜3日くらい保管してください。



オオクワガタFARM

蓋を開けますと菌糸ビン上部は白い膜で覆われていると思います。この白い部分を剥いでいただき、真ん中に幼虫が投入することが可能な大きさの穴をあけます。



オオクワガタFARM

画像のサイズは3令♀用の穴の大きさくらいです。割り出し後、幼虫を投入する場合は、菌糸ビン中央部にあいている穴を利用して、そこに投入するのが良いでしょう。 この場合、柄の長いスプーン等で、穴の奥(底面)にある白い膜を剥いであげて(かき出すように)から投入すると良いと思います。



菌糸ビン 1100t 1箱販売 5292円税込

1ケース12本入り ブナ100% オオヒラタケ菌床 エスポイル

注文数

菌糸ビン 440t 1箱販売 5040円税込

1ケース24本入り ブナ100% オオヒラタケ菌床 エスポイル

注文数

菌糸ビンの交換時期・タイミング

最初の幼虫の投入から約3ヶ月も経過すると菌糸ビンの白い部分が全体の2/3程度無くなります。この時期が菌糸ビンの交換タイミングです。

国産オオクワガタの場合、♀で約3ヶ月〜ヶ月、♂で2ヶ月〜4ヶ月で交換と、覚えておくと目安になると思います。


ショッピングメニュー

オオクワガタFARMのショッピングページのMENU一覧

成虫販売
オオクワガタ生体やワイルド生体などの販売ページ
幼虫販売
クワガタ幼虫の各ステージでの販売
エスポイルRED販売
大型専用の菌糸ビン レッドの販売ページ
エスポイル・ブルー
粗め粒子配合 高蛋白、トレハ、麦芽添加。
菌糸ビン販売
当店自慢の菌糸ビン「エスポイル」希望という名のオオヒラタケ菌床
G-pot直送販売
新鮮なG-pot菌糸ビンを直送にてお届けいたします
高蛋白ゼリー販売
成虫飼育時や産卵セット時のクワガタ生体の高蛋白なゼリーです
カブトムシ幼虫のエサ販売
国産、外産のカブトムシ幼虫や産卵床へ是非、お試しください

発酵マット販売
カブトムシの幼虫からクワガタの幼虫、産卵セット用など色々そろっております
産卵木販売
国産のオオクワガタにベストマッチなクヌギ、コナラの産卵木を販売しております
飼育ケース販売
コバエ対策された飼育にベストなプラケース「コバシャ」を販売しています
飼育補助品の販売
定期交換用品や便利アイテムなど飼育の補助的用品を販売しております
限定お買得商品
B品や在庫処分品など、まだまだ使えるものが超特価!
セット品の販売
お子様のプレゼントに最適!初めての方でも安心です

オオクワガタFARMの営業時間について
火曜日〜土曜日 午後1時〜午後6時まで
第2・第4日曜日 午後3時〜午後7時まで
定休日 毎週月曜日・第1、第3日曜日

このページのTOPへ

ページの終了